個性的な封筒がいいならイムラ封筒がおすすめ|オーダーメイドも可能

溜まった本をデジタル化

印刷

プロに任せて蔵書を整理

今さら言うまでもないことですが、本は非常に場所を取ります。読書量が増えれば増えるほどスペースを占領し、本棚からあふれてしまいます。この問題を解決する1つの手段として、自炊があります。自炊とは本好きの間における隠語の1つで、本をデジタルスキャンして電子書籍化することをいいます。最近ではこれを専門に手がける自炊代行なるサービス業者も登場しています。自炊代行を利用すれば業務用の高性能なスキャナーを使って大量の蔵書を素早く電子書籍化することができます。溜まってしまった本を整理するのに非常に適した方法であると言えます。自炊代行業者の利用方法は簡単です。電子書籍化して欲しい本を梱包して送付するか、店頭に持ち込むかすればいいだけです。多くの業者がインターネットで注文を受け付けているので、事前に申込みを行い、料金を確認します。料金体系は業者によってさまざまですが、基本的には1冊いくらという設定になっています。文庫本やコミックスといった版型ごと、あるいは1冊あたりのページ数ごとに単価が設定されている場合もあります。料金に納得が行ったら支払いを済ませ、宅配便等で本を送付します。自炊代行に要する日数は業者ごとに異なりますが、おおよその目安は10冊程度で10日前後、50冊程度で20日前後です。自炊が完了したらデータが納品されます。納品方法はDVD-Rなどの外部メディアに収録されて届けられるか、データファイルの添付された電子メールが届くか、サイトの専用ページからダウンロードするかのいずれかとなります。紙の本はスキャン時にバラバラにされるため、そのまま処分されます。